sLab-Car(エスラボ・カー)

ロボットの組み立てや制御を楽しみながら電子工作やIoT・プログラミング学習!
sLab-Carはサイトで購入きます。
(団体様向けには特別価格にて提供させて頂いていますのでこちらからお問い合わせ下さい。)

Scratchプログラム及びスマホアプリの走行デモ

Scratch3プログラムで制御し障害物回避や物体追跡し走行するデモやスマホアプリで遠隔操作するデモを閲覧頂けます。

sLab-Car(エスラボ・カー)走行デモ

以下の内容の走行デモを閲覧頂けます。*標準モデル仕様

  • Scratch3プログラムで障害物を回避し走行するデモ
  • Scratch3プログラムで物体を追跡して走行するデモ
  • スマホアプリでカメラ映像を表示し遠隔操作するデモ
上記は利用の一例です。パソコンやスマホからWebブラウザ操作など多彩な仕組みを提供しています。

Scratch3.0でプログラミング

Scratch3.0をインストールして「sLab-Car」の拡張機能を有効にすることで専用ブロックを利用しプログラミングできます。 (Scratch3インストールや利用方法、プログラム例など、工作ガイドで説明しています)

Scratch3Ext
IoTCar_flow
コースに応じてプログラミング学習

Scratch3の拡張機能を有効にすることで専用ブロックを利用しGO・RIGHT・LEFT・STOP等視覚的にもわかりやすくプログラムできます。 障害物を検知して空き方向に曲がるプログラムや直進中に右折道路を検知して曲がるプログラム等コースによって攻略するプログラムを考えて学習できます。 グループ対抗タイムトライアルなど楽しく学習しよう!

毎回プログラム書込不要で効率的に学習

Scratchで作成したプログラムはWi-Fiで通信しながら内容を実行していきます。そのため変更したプログラムも毎回本体に書き込む必要がなく効率的に学習できます。 また、インターネットと同じ通信技術を利用しているので、IPアドレスやサブネットマスク、デフォルトゲートウェイ等の各種設定や実装しながら通信の仕組みについても学習することが出来ます。

カメラ、超音波センサー等を配線し組み立てながら電子工作を学習

部品や組み立て方などを提供しsLab-Carを組み立てることで電子工作を学習します。

カメラや超音波センサなど多彩な工作を学習

カメラや超音波センサなど多くの電子部品を実装し組み立てを行うことで各部品の使い方や配線、制御方法などの電子工作を学習できます。 また、ブレッドボードを利用しているため自由度が高く、さらに高度な工作を目指す方にも自分で好きなセンサーを追加し工作することも可能です。

部品の組み立てや配線などを丁寧に解説

工作ガイドにて部品の取り付け位置や方法など写真付きで丁寧に解説していますので、工作初心者でも順番に実施することで組み立てることができます。 また、写真ではわかりにくい配線もFritzingで部品の形状や端子などもわかりやすく表示していますので、難しい回路記号などは理解していなくても組み立てて工作することができます。

ESP-WROOM-32(Arduino互換) 利用

本キットはArduino互換機であるEspressif Systems社の「EESP-WROOM-32」を利用しています。(Arduino互換はArduinoと同じ設計で作られているため同様に利用することができます。) 「ESP-WROOM-32」はWi-Fiアンテナ等を内蔵しBlueToothにも対応した無線モジュール付のマイコンとなります。非常に多機能で安価なため電子工作やIoTにおいて注目の製品となります。

工作ガイド閲覧や制御ソフト、Scratch3プログラム等を自由に利用閲覧可能(無料)

ArduinoIDEにより制御ソフトを作成

ArduinoIDEでプログラムを作成し制御を実現しています。ScratchやWebアクセスを実現する制御ソフトも取得でき学習することもできます。 ※Arduinoとは初心者でも電子工作を学習するようにするためのシステムで、専用開発ツール(ArduinoIDE)で制御プログラムが作成できます。

多彩な制御と通信方式を実現し仕組みを学習

sLab-CarにWebサーバ機能を実装することで、パソコンやスマホ等のWebブラウザ操作やスマホアプリ操作を実現しています。実現方法のサーバ制御プログラム(WebページのHTTP、Javascriptなども含めて)も工作ガイドにて提供しています。 また、カメラ映像を端末へWebSocketによるデータ通信で実現しています。いろいろな通信方式を利用することで、IoTに必要な通信の仕組みも多く理解することが出来ます。

オリジナルの制御プログラムも制作可能

新たな制御や改善など高度な技術者を目指す方についても、制御ソフトを公開していますので全ての仕組みを理解し自分で好みのプログラムを作成することが可能です。 プログラミングはパソコン上にArduinoIDEを用いて実施することができ、工作ガイドでArduinoIDEのインストール方法や使い方を説明しています。

モデルと同梱物

モデルは2種類をご用意しています。また、同梱物は工具以外のsLab-Car組み立てに必要な部品は全て同梱しています。

最小モデルと標準モデルの2種類をご用意

最小モデル(右画像は最小モデル完成版です。)は以下の内容が標準モデルから削減されています。  ・カメラ(映像通信)  ・左右の赤外線センサー(物体検知) 上記に付属する取り付け具なども削減されています。 最小モデルは基本的な電子工作やプログラミングが学習できる最小限の内容となっています。右図は最小モデルの完成画像です。 *電池は付いていません。

【参考:同梱物イメージ図】
必要な部品全て同梱されています。※モデル等により内容が異なります。
・ESP32開発ボード【ESP-WROOM-32内蔵】《1個》
・カーシャーシ 《1個》
・前輪カータイヤ 《2個》
・後輪ユニバーサルタイヤ 《1個》
・モーター 《2個》
・電池ケース 《1個》
・取り付け金具 《1式》
・抵抗、コンデンサ 《1式》
・ミニブレッドボード 《2個》
・超音波距離センサー 《1個》
・サーボモータ 《1個》
・ジャンパーケーブル 《1式》
・3mm LED 《1個》
・モータードライバ(制御IC) 《1個》 など

注)工作(組立)にはWindowsもしくはMacパソコン・ラジオペンチ・ニッパーなどが必要で、走行には電池が別途必要です。(ハンダ付けは必要ありません。)

IT人材の必要性

近年、スマート家電などの普及によりあらゆるものがインターネットに接続されるIoT化が急速に進んでいます。今後も5G(第5世代移動通信システム)が開始され、さらに弾みをつけてIoTは普及していきます。

しかし、これらの技術に対応する技術者は慢性的に不足しており「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果」*の調査では2015年時点で17万人のIT人材が不足しており2030年には59万人が不足すると予測されています。

*経済産業省(2018年)

sLab-Carはサイトで購入きます。
(団体様向けには特別価格にて提供させて頂いていますのでこちらからお問い合わせ下さい。)

スマートリモコン「sRemo-R」

株式会社SOCINNOが販売する別の製品となります。
sRemo-Rはスマホで家電操作やAIスピーカ連携などを実現するスマートリモコンです。《安価で多機能。また安心の3年保証》

【sRemo-Rの優れた特徴】

・温度、湿度、照度を1年分グラフ閲覧可能
・タイマーは曜日/祝日も設定可
・リモコンをクラウド保存・取得可能
・設定温度等はリモコン・メール通知可能
・設定温度等は昼間だけなど時間範囲指定も可
など、sRemo-Rならではの機能が多数あります。

IoT電子工作 スマートリモコン「sLab-Remo」

株式会社SOCINNOが販売する別の製品となります。

電子工作を行いながら基礎から応用まで楽しく学習できる「IoT電子工作 スマートリモコン製作キット」を発売しています。

《工作できる内容》
(1)人を感知して家電制御やメール送信
(2)GPSと連動した家電制御や屋外スマホから家電操作
(3)AIスピーカで家電制御 など

ScratchやArduinoに対応しています。また、工作ガイド(無料)を参照して学習できます。